第5子
2017 / 06 / 30 ( Fri )
実は逆子なんです。


お腹の子について、生まれる前に記しておこうかな。
生まれてからじゃね。
なかなか妊娠中の様子については振り返らないだろうからね。


昨年冬、ありがたいことに新しい命を授かって。

年齢も年齢で立派な高齢出産だし、
ただ40歳を前にもう一人授かることができたら
家族楽しいだろうなと思っていました。

出産にリスクがあることも理解はしてるし、
経済的にも厳しいこともたくさんあるのは分かっているんだけど、
それでもそれ以上に人の命はかけがえのないものだと思ってね。

子どもたちに知らせた時の感動。

そりゃぁもう泣いて喜んでくれて。
ツキちゃんなんて嗚咽と言っていいほど。
わたしもそれ見て泣いてしまって、
今でも思い出すと涙が出そう。

それからは体調に気をつけながらの生活。

幸いつわりもひどくなくて、
年末年始のお休みと重なって乗り越えられて、
ピークを越えたあたりで母の事故があり、
なのでそのあと子どもたちに知らせて協力を仰いで、
妊娠初期を過ごしました。

胎動が始まるまでは毎回検診がドキドキで、
心音止まってたらどうしようと思いながら病院へ。
順調に育っていることを何回か確認して、
それから上司へ報告。

びっくりはしていたけど、上司も喜んでくれて、
早速制服のサイズ変更を申請。
だいぶお腹も出てきて、それまでのサイズでは苦しかったので。

ただやっぱり安定期、戌の日を迎えるまでは不安だったので、
部内への周知はそれを過ぎてからにしてもらいました。

仕事は様子を見ながらだったけど、
一番きついときはもう過ぎていたので、
ほとんど変わらず業務は続けていました。
試作も相変わらず。
パン作ってるほうが気が紛れて楽しいんだよね。

公表されてからはみんなからおめでとうって言われて、
びっくりされたり、そしてお決まりの2大質問。

「男、女、どっち?名前はどうするの?」

そりゃぁそうでしょう。
気になるところでしょう。

でもここでは敢えて伏せておきましょう。

直接お話できる方にはお話ししてますが。

どんどん大きくなるお腹と、
ぐるんぐるん動く様子に子どもたちはそれぞれの反応。

ユメちゃんは冷静だけれども、喜びが伝わって。
ハナちゃんは嬉しい気持ちがあるけど、
自分の感情コントロールがまだ不安定な部分もあって、
ときどきわたしたちと衝突してます。
ツキちゃんは5人きょうだいの真ん中になるのが嬉しい。
ミチちゃんはとにかく早くお姉ちゃんになりたくて。

でもやっぱりみんなすごくよく手伝ってくれる。

きつくてわたしがご飯が作れなかったりしたときは、
下3人がそれぞれ1品ずつ作ってくれたり、
パパが出張でいないときは洗濯を進んで干してくれたり。

頼もしいなぁと思うし、
産後の生活についてもあまり不安がない。


逆子については、もう1ヶ月以上頭が上のまま。
逆子体操をがんばっているけど、
なかなか元に戻ってくれません。

このまま逆子だと手術です、と言われていて、
最後にして腹切りか?!と不安もあるけど、
お産ってなるようにしかならないと思うから、
流れに身を任せたいと思います。

あーでも陣痛痛いんだろうなー。
最後の最後がたまらんもんなー。
でも術後の痛みもいやだなー。

やっぱり出産は痛いですよね。

来週からは週1検診になるので、
そろそろ本格的に準備を進めたいと思います。

いつものごとく、
まだ入院&出産準備していません。
23 : 01 | daughters | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リュスティック | ホーム | スケジュール管理>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://df0508.blog105.fc2.com/tb.php/2515-05e616f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |