パリ旅行記~もろもろ前編
2016 / 09 / 22 ( Thu )
パリ旅行の間に感じたもろもろを。


行きの飛行機。
羽田を飛び立ったのがお昼前で、飛行時間が11時間半くらい。
日本時間では日付がかわる直前に到着することになるけど、
現地としては夕方着くことになります。
国際線では通常食事のあと機内が暗くなって、睡眠を促すけど、
この時差だと寝ない方が時差ボケしないのでは?
とまでは考えてなかったけど、
座席で見られる映画やドラマの中に、
「天皇の料理番」や、「海街diary」「僕だけがいない街」など、
見たかった映像作品がいろいろとあってちょっと興奮。

まずは行きの11時間半で「天皇の料理番」全12話を完遂!
CMがカットされているとは言え、
ちょいちょい拡大版がある放送時間は、飛行時間とギリギリでした。
いや、最後の最後はちょっと見られなかった。

帰りの飛行機は行きと逆で、時差の関係からちゃんと寝たほうがいいので、
2時間映画を2本。(なんて言ったって11時間以上も飛行時間あるからね!)

「天皇の料理番」はよかった!
一人でずーっと泣いてて目がパンパンに腫れてフランスに到着でした(笑)
日本の天皇制度とか、明治から昭和戦争の時代にかけて、
知りたいことたくさんだなぁと思いました。
あ、あと、主人公がフランスに留学する下りがあるので、
ちょっとしたフランス語とか、これから触れるかも!と思ってワクワクしました。

映画2本はじわっとくるもの。
「海街~」は映像の美しさ、「僕だけが~」はちょっと不思議な、
それぞれの良さがありました。

日本映画っていいよね。
なかなか映像作品をじっくり見ることも少なくなってきたけど、
たまに見るといいなーと思います。


モンサンミッシェルに行ったときのこと。
現地までは観光バスは乗り入れられないので、
少し手前のホテルがあるところで、シャトルバスに乗り換えるんだけど、
帰りのそのシャトルバス車内での出来事。

修道院内もたくさん歩いて、足も疲れてきてて、
さぁ帰ろう、シャトルバスにやっと乗れたと思って少し走ったとき。
2カ所あるドア前方の上の方から、シューーっと白い煙が噴き出してきて!
そりゃぁもうびっくり。
満員の車内は一気にパニックになって、
降りる人も出てくるし、「Stop! Stop!」と叫んでる人もいて、
バスが停まってるホテルまではまだ距離があったんだけど、
一応バスから降りました。
そしたら運転士さんに
「大丈夫だ、もうすぐ発車するから戻って戻って(意訳)」
と言われて、結局そのままバスに戻り、結局無事にシャトルバスは発進。
一体原因は何だったのか、分からないままでした・・・
クーラーガスが漏れたような感じではあったけどね。


トラブルと言えばもう一つ。
一人で地下鉄乗り継いでパン屋に向かってたときのこと。
乗り換えホームに下りるとちょうど地下鉄が停まってて、
「あ~ちょうどよかった」と思って階段すぐのドアから乗り込んだら、
しばらくしても動かない。
?あれ?
とは思ったけど、放送も聞き取れるわけないし、
周囲もまだ動く人はいない。
そのまま乗ってたら少しざわついてきて、
次の放送が入った時に降りる人も。
でもそのまま乗っている人もいて、さらに乗り込んでくる人もいる。
結局15分くらいは動かない地下鉄に乗ってたかなぁ。
このままじゃやっぱり動かないかも、とわたしも見切りをつけ、
結局別ルートで目的地に行きました。
一人だったし、ちょっとだけドキドキ。


ホテルはこんなところに泊まりました。

Hotel

キッチン付きのスタジオ。

Hotel (kitchen)

このキッチンが大活躍!
ひと通りの食器と、包丁、まな板や鍋もあって、
電気ケトル、ポップアップトースター、レンジもあるから簡単な調理ができます。
バゲットでサンドウィッチ作ったり、パスタ茹でてソースとあえたり。

ベッドはソファベッドでした。
上の写真のソファがこれに早変わり。

Hotel (sofa bed)

滞在中はめんどくさいんで、ずっとベッド状態だったけど。

スタッフの方も親切で、ロビーに無料のコーヒーがあって、
快適なホテル暮らしでした~


まだまだもろもろはあるんだけど、それは後半へ。
00 : 28 | note | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<話を聞いてほしい | ホーム | シャンピニオン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://df0508.blog105.fc2.com/tb.php/2374-4a717a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |