高校文化祭
2016 / 06 / 19 ( Sun )
先月、母校の文化祭に行ってきました。

というのも、高校でお世話になった先生が、
校長で戻ってきているというのを年賀状で知りまして。

何年か前も、そんな話で行ったんだけど、
そのときは再び転出されたあとで会えずでした。


まず校門をくぐって、パンフレットをもらって、
様子が違うなと思ってたら、
なんと、わたしたちが過ごした学び舎は閉鎖されていて、
横に4階建ての立派なロの字型校舎が新築されていました。

前回来たときは当然そんなのもなく・・・って、今調べたら2009年だね。
まだミチちゃん、生まれてないんだね。

校舎も建て替わっちゃうんだぁ・・・
あのウグイス張り廊下ももう歩けないのね・・・

年月を感じます。

とりあえずせっかく来たので、
校舎内の展示をひと通り見て回って、
スタンプラリーなどもあったので、子どもたちが集め回って、
プラネタリウムを見てみたり、
前回来たときよりも楽しめました。

というか、わたしたちの時代とは、だいぶ様相が変わってるんだよね。

クラスの展示も体験型みたいなのが多くなっていて、
生徒たちも見てる分には生き生きしていて、
ちょっとうらやましいなーという郷愁の思い。

その高校生に校長先生の名前を確認して、所在を訪ねたけど、
文化祭のどこかを見て回っているだろうという話で、
そうそう簡単には会えず、
結局職員室で尋ねました。

そんなことってめずらしいことなのかなって思うんだけど、
わたしたちの時代の先生がまだ何人か在任していて、
(卒業して20年近くたちます)
その中に、わたしと、パパを担任していた先生が3人もいるの!

若かったあの頃は世間知らずでやんちゃだったから、
お互い友好な関係を築いていた先生は少なくて(笑)、
挨拶するのもちょっとためらわれたんだけど、
こんな機会ももうないだろうと思い、挨拶しました。

なんか気恥ずかしいような、申し訳ないような、
斜めに構える姿勢もそう簡単にはぬぐえなくて、
ちょっと変な気分になりました。

で、肝心の校長先生は講堂の方に行かれていて、
結局呼び出してもらい、20年ぶりの再会を果たすことができました。

懐かしい顔は、当然年を重ねてはいるけど、変わってなくて、
そして何より立ち居振る舞い発言が昔のまんま(笑)

そのまま校長室へ案内してもらって、
ひととき懐かしみの時間を共有して、
高校を後にしました。

今年定年退職ということで、本当に会えてよかった!


この母校に戻って恩師に会うという経験、
わたしの中で大きく意識がぐらついたことだったので、
このままちょっと書き進めます。
高校時代って、わたしにとってあまりいい印象を残してなくて。

進学校によくある厳しい学校で、
逸話をあげればキリがないけど、
生徒の自由を重んじる雰囲気は少なかったから、
勉強はがんばったけど、
学校そのものにはあまり愛着は沸いてなくて、
当時は伝統とか言われても全然心に響いてませんでした。

ただその中でも、その英語の先生(現校長)だけは慕っていて、
わたし英語が好きだったから、
その先生のイギリスの話とか聞くの、すごく好きだったの。
そのおかげでしばらくは英語の勉強がんばってたし。

だからずっと年賀状のやりとりだけはしていました。

でも今思えば、その先生こそ、
高校の伝統と誇りをすごく大切にする先生で、
今回校長室でいろいろ話してる中で、
もちろんそんな話もでてくるわけ。
同窓会の話だったり、校則の話だったり。

これまでは、厳しかった高校時代、
戻りたくもないから同窓会とかも行ったことなくて、
つながりを避けてたところがあったんだけど、
先生と話してると、そんな高校時代を懐かしむ自分がいて、
伝統ってやっぱり守っていくべきことなのかなぁと感じる自分がいて、
ちょっとこれまでの自分を揺るがす感情になったのに驚きました。

はたから見たらどうでもいい伝統なんだよね。
でも昔から続いているっていう歴史。
そういうのを守っていくことの大切さ。

子どもが成長して、
近い将来高校受験があって、
自分も年をとって、
もしかしたらやっとそういうのを理解できる年齢になったのかもしれない。

これまで受け入れられなかった気持ちが、
スッと溶けたような感覚?


そんなのを体感して、
文化祭に行ったあとの数日は興奮状態にあったというか、
フワフワしっぱなしでした。


しかも、その気持ちをなかなか言葉にできなくて、
だいぶ時間がたってしまったんだけど。

なんだろうねー。

母校は、親子2代で同じ高校です、みたいな人も多くて、
自分の子どもは絶対に行かせないな、と思ってたけど、
校長先生に「(娘を)寄留してこっちに通わせろよー」なんて冗談で言われて、
現実的にはあり得ないんだけど、
(まずは学力がね・・・。もちろん距離的なこともありますが。)
そうね、この高校に通わせるっていうのもいい勉強になるなと思った自分に、
自分でも驚いてね。

そう思ったら、
今度は高校時代のつながりがちょっと恋しくなって、
今度の同窓会には行ってみようかな、という気になってきたの。

当たり前だけど、人生って積み重ねだな。
あの頃の自分がいて、今の自分がいるんだなと、
改めて思った出来事でした。
00 : 33 | note | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<めんたいフランス | ホーム | 6月パン会advance>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://df0508.blog105.fc2.com/tb.php/2322-9ddbe174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |