クリスマスプレゼント
2015 / 12 / 28 ( Mon )
欲しかったやつやん!!

25日の朝は、毎年のことながら一波乱あります(笑)


前日一人で夜中2時までラッピングしてたわたし。

今年は下3人の欲しいものがかぶっていて、
3人にまとめてあげようという策略で、
おもちゃ2個と、その材料をひとまとめにラッピングにするのに、
大きな包装紙がいるわ、包みにくいわで時間がかかったのでした。

そして3人で使ってねってことを知らしめるため、
必殺”ザ・サンタさんからの手紙”を作成するため、
翻訳サイトや質問箱などを活用しながらカード作成。

プリンターの調子がいまいちな中、印刷して、上手くカードにして、
そんなこんなやってたら2時になってしまいました。

さぁ、もう、寝よう、その前にツリーにいっぱい飾られた、
子どもたちからのサンタさんへの手紙は回収しとかなきゃな、って
眠い目をこすりながら8個くらいのちっちゃな紙を回収。
そのまま自分の部屋に持って行って、
やっとこさ寝ました。

そして翌朝。

当然わたしは起きられるはずもなく、
6時にハナちゃんが慌てて起きていくのに気づいて起床。

1階のツリーの前にはプレゼントがひとつ。

「え?1個しかないやん?ママぁ!開けていいっ?」

開けてみると、それは欲しかったこのおもちゃでした。

モコもじオリーナ
フェルティミシン

これに毛糸やフェルトの材料をつけて、3人で遊んでねっていう魂胆。

もちろんその旨をカードにかいて一緒においていたんだけど、
カードには目もくれず、
ハナちゃんとツキちゃんでひとつずつ取ってしまって、
ミチちゃんだけ一人ポツン・・・

「ミチちゃんの手紙、持っていかれてないやん。
だけん、ミチちゃんのはないっちゃない?」


ガーン・・・!!!

わたし、ミチちゃんからの手紙だけ、取り損ねてる!!

これじゃぁ、ミチちゃんにはなくて、
真ん中二人に宛てたプレゼントみたいになってる・・・

どらどら、と平静を装いながら近づいて、
サンタさんからのカードをフムフムと読む真似。

「みんなで遊んでねって書いとるよ?ミチちゃんも一緒にってことじゃない?」

するとハナちゃん。

「あぁ!そうね!4人でこのプレゼントってことなんやん!」

おっと!ここでも誤算。
ユメちゃんも”みんな”に入れられてしまった・・・


実はユメちゃんにはもうサンタの正体はばれていて、
ただ下の子たちの手前、
中学生になったらサンタからはプレゼントがこないから、
パパとママからプレゼントを買ってあげるね、
という方向にしようと話し合っていたのでした。


プレゼントがきていないと思ったミチちゃんはポロポロと泣き出すし、
ユメちゃんもこのおもちゃで遊ぶ予定にされてしまうし、
なかなか親の思ったようにはいかないクリスマスの朝なのでした。


毎年なんかあるな(笑)
23 : 53 | daughters | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クリスマスコンサート | ホーム | いつものこと>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://df0508.blog105.fc2.com/tb.php/2214-06e188df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |