ハナちゃん
2015 / 09 / 19 ( Sat )
参観はローマ字の授業でした。
ちょこちょこ手遊びしてたりもしたけど、
手を挙げて発表もしたりしてました。

参観後の懇談では、
ツキちゃんの懇談のあとに行ったので途中参加でしたが、
宿題や学校の様子、他のお母さんの疑問など聞けて、
短い時間ながらも内容の濃いものでした。

で、話はここからで。

懇談のあと、学童にハナツキを迎えに行ったら、
ツキちゃんが靴箱の前でタオルを拾ったとのこと。
学童の子のものではないから、
じゃぁ学校に届けようということで、
わたしが職員室まで持っていきました。

ちょうどハナちゃんの担任の先生がいて、
声をかけて渡したら、
「ちょうどよかった。ハナちゃんのお母さん。ちょっとお話が・・・」


うちの小学校では毎年1学期に心理テスト的なアンケートを実施していて、
それによって自己認識や社会性、学級環境や生活環境について
本人がどう思ってるか数値化されるんだけど、
ハナちゃんの点数がどの項目も低くて、
意欲がないというか、自己評価が低く、
ちょっと気になってまして・・・ということでした。

クラスの子たちと比較してダントツ低かったらしく、
決してできていないわけではないのに、
自分を高く評価できていない結果になっているみたい。
それによって意欲ややる気もないような結果にも。

そして夏の個人面談でも指摘されたように、
ひとつのことに集中すると、友達の忠告も耳に入らず、
それによって友達が嫌な思いをしていて、
先生に訴えてくることがたびたびある、とのこと。

これから学年が上がって、そういうことが増えてくると、
今度はハナちゃんが孤立していくんではないか、
と先生は心配してくれていました。


ただ落とし物を届けにいっただけだったのに、
突然そんな深刻な話になって、わたしも正直戸惑ったけど、
でも先生もわたしも、原因で特別思い当たるふしもなく、
あるといえばハナちゃんに向き合う時間が少ないことくらいで、
それはほかの子も同じだと思うんだけど、
でもやっぱりあの子が一番気になるし、
気にしなきゃいけない子なんだなーと強く思う。

とりあえず先生とわたしとで、
ハナちゃんが今そういう状況だという共通認識を持てたということで、
今回は話を区切りました。

日頃からハナちゃんについては悩みも多いけど、
やっぱり自分の子のことで、
ネガティブなことを伝えられるってちょっとショックだね・・・
仕方ないんだけど。

なるべく話を聞いてあげて、
ほめてあげられるところはほめてあげて、
ギュッとできるときはギュッとしてあげて、
こちらが思っている以上に歩み寄らないとダメなのかもしれない。


子育ては悩みの連続です。
02 : 44 | daughters | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ツキちゃん | ホーム | ユメちゃん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://df0508.blog105.fc2.com/tb.php/2144-f0e0dc3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |