夜更かし
2015 / 03 / 14 ( Sat )
やっと金曜の夜だー。
夜更かししちゃうもんねー。


テレビ放送は見ていただけましたか?

ユメちゃんとケンカ真っ最中だったためリアルタイムで見ていないわたしです。

んもぉーっ!

勉強(英語)教えてって言うから、
「じゃぁちょっと読んでごらん。」って言うと、
「いや、わからん。意味がわからん。読めんし。」と。
「ほんとに?全然読めんの?じゃぁママが言ってみるけん。
Bob swims every Sunday. Repeat after me.」
「・・・意味がわからん。」
「いや、わからんやないよ。とりあえず言ってみてん。」
「もーほんと英語好かん。意味がわからん。もう答え見よ。」

このあともしばらく押し問答が続き、
英語(勉強)を理解しようとする気持ちがまったくないのに腹がたって、
教えてって言ってきたのに投げやりで、ぶつぶつ文句言って、
ちらちらテレビに目をやるし、(まだ放送前だけどニュースがついてた)
本気で教えてもらおうと思って持ってきてるの?!!
と怒ってたら、横でパパがプツンとテレビ消しました。

「テレビが気になるなら2階で勉強したら?」

「だってもうすぐおべんとう始まるやん。」

でも結局そのままテレビはつかず。

「もう勉強教えてもらわんでいいっ!」

と怒って2階に上がっていきました。

あーあー。

せっかくリアルタイムで見ようとスタンバってたのに。

放送直後、知らずに見ていただいた方からメールが次々きまして、
意外とみんなこの番組見てるんだなーと。
まぁ人気(?)のドラマの前だからかな?

なんにせよ、子どもたちがかわいくて超満足です(笑)


*****


3月11日午後2時46分。

わたしが住んでる地域ではサイレンがなるのね。

で、もちろん仕事中で、しかも廊下を歩いている最中だったから、
黙とうはできなかったんだけど、
一緒に歩いていた入社1年目の男の子に、
「サイレンなってるね。」って言ったら、
「え?あ、ほんとですね。何でですかね?」って。
「え?今日は何の日?3月11日2時46分だよ。」って言ったら、
「・・・あーー、そうですね。そっか。ピンときませんでした。」だと。

そうかぁー。
ピンとこないかぁー。

「もしかして原爆の日とかもピンとこない人?」と聞いてみたら、
「いやっ、原爆の日はわかりますけど、
でもどっちがどっちだったかはあやふやです。」

それ、ピンときてないってことだよね・・・

分かってはいるんだけど、
やっぱりそういう人を目の前にすると悲しいねぇ。
乏しいねぇ。
もちろん彼は社会人としても半人前(以下)で、
毎日上司、先輩、わたしから叱咤激励されているんだけど、
仕事面以外でもまだまだ未熟です。
だからこそ自分の子どもたちにはしっかりと知っていてほしいなぁと思う。

その原爆の日の話から、今年は戦後何年か?っていう話になり、
(もちろんすぐには出てこなかったですよ。普通に計算してた。)
戦後70年の首相談話なんて聞いたこともないって言うし、
当然村山談話なんて知らないから、
そこからの流れで今いろいろ問題になってる旨をレクチャー。

はぁー、わたしはこんなことまで教えなきゃいけないのか。

なんていうのは冗談だけど、物事を知らなさすぎるね。
会社の寮で一人暮らしをしていて、
平日の夜は何をして過ごしているんだろう?と思うよね。
特に趣味とかなさそうなのに。(失礼)

彼の意見としては
「でも僕らの世代はあんまりよく覚えていない人が多いと思いますよ。」
なんだって。
だからって知らないのを正当化してはいけないと思うけどね。

家に帰ってこの話を夕食後にみんなにして、
えー?とか、うそーっ?とか、びっくりしながら、
もう一度原爆の日を確認して、
そして地震のことを思い出し、
非常持ち出し袋の点検をしなければいけないと確認したわたしたちでした。


*****


そういえばハナちゃんの話、書いたっけな?

実はハナちゃん、学校に行きたくないと言っていた時期がありまして。

それがクラスの男の子からお尻を触れられるということで、
何度やめてって言っても触ってくる、いやだ、行きたくない、と。

その男の子は、ハナちゃんの話にも頻繁に名前が出てくる子で、
落ち着きがない、授業中でも出て行ってしまう、
でも元気いっぱいで、クラスの遊びを引っ張ってくれたり、
まぁいわゆる活発な子なんだと思うんだけど、
ハナちゃんの話を最初は聞き流していたら、
だんだん行きたくないが深刻になって、朝泣いちゃうこともあって。
じゃぁ先生宛に連絡帳に書こうか?と言ったら、書いてほしい、と。
状況を説明して、本人が行きたくないと言っていることを伝えたら、
その日のうちに対応してくれて、
謝ってもうしないと約束してくれた、とのことでした。

これでよかったと思っていたら、
次の日からまたお尻を触られると訴えてきて、
ハナちゃんが「約束したやろ?」と言っても効果なし。
で、日にち空けずしてまた連絡帳で先生に相談することに。

同じように話してくれて、
もう一度許して、信じてあげてほしいと書かれてありました。

ハナちゃん自身は2回目の謝罪で納得したようで、
それからは嫌な思いをすることもなく、
もう学校に行きたくないと言うこともなく、
元気に過ごしています。

そしたらなんと今日。

仕事から帰ったわたしにハナちゃんが「見て、これ。ほら。」と小さなプレゼント。
「○○くんがくれた。」
え?バレンタインあげてないよね?
「お尻触ったりしたけん・・・って(ごめんの意味で)。」
うそーっ。
ごめんなさいの気持ちをホワイトデーに絡めてくれるなんてちょっと素敵。
(しかもあげてないのに。)
手作りクッキーと、かわいらしいピンが入っていて、
当然お母さんが絡んでると思うんだけど、
あったかい気持ちになりました。
本人もすごく喜んでた。

その男の子も遊びのつもりで触ったりしてるんだろうから、
悪気はなくて、ふざけてるだけなんだよね。きっと。
それを、ちょっと敏感になりすぎてるハナちゃんだもんで、
先生との話合いになり、保護者の方まで話がいってしまったんだろうね。
申し訳ないやら、なんやら。

でもこれでわだかまりも消えて、
また仲良く元気に遊んでほしいと思います。
基本はお互い活発な子なので、遊びは合うと思うんだよね。


*****


卒業を前に、ユメちゃんが小学校6年間、
図書館で借りた本のリストを持って帰ってきました。
見返してみると、
低学年の頃はアンパンマンとかもまだ借りてて、
アッチのおばけシリーズ、ゾロリ、
中学年はこまったさん、わかったさん、魔法使い系、
そして途中で歴史物を経由して、推理・事件もの、
高学年になると若おかみシリーズ、一期一会など。
これってすごくおもしろいー。
その子の本の好みがわかるね。
6年間で借りた本はなんと986冊!
最近は携帯小説(文庫)とか、雑誌とか漫画とかばっかだけど、
きっとユメちゃんの力になってくれていると思います。
・・・思います・・・たぶん・・・迷言豊富だけど・・・・・・


明日は早起きして、おべんとうの録画を朝からみんなで見よう(笑)
01 : 48 | daughters | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<3月パン会 | ホーム | 「はいっ、おべんとう。」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://df0508.blog105.fc2.com/tb.php/1988-688d369d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |