IH修理中
2014 / 10 / 22 ( Wed )
そう!IHのこと書いてなかったんだよね!!

IHクッキングヒーター。
うちの家はオール電化住宅で、キッチンにはIHを備え付けております。
停電になったら即ダメなやつね(笑)

で、そのIHが運動会の弁当仕込み中に壊れるという、ね。

運動会前日。
夜10時からお弁当の仕込みを始めて、夜中2時。
わたし、お弁当の仕込みと同時におでんの仕込みもしてたのね。
運動会当日は疲れて夜ごはんしたくないだろうから、
煮込んでおいしいおでんにしようと思って。
ちょうど寒くなってきたころだったし。
お弁当の下ごしらえはほとんど終わって、
おでんの下ごしらえも終わって、
さぁこれから煮込むぞってときに、
チリチリチリっと鍋のほうから音がして、
あれ?吹きこぼれたかな?と思った瞬間、
バンッ!!
家のブレーカーが落ちて真っ暗に。

え~~電気使いすぎたかなぁ?と不審に思ったものの、
配電盤のところに行き、ブレーカーを上げる。
部屋の電気がついて、キッチンに戻り、
IHのスイッチを入れる、が、つかない。
あれ?部屋の電気はついてるのに、IHだけつかないの?
もう一度配電盤を見に行き確認すると、IHのブレーカーが落ちてました。
(配電盤には大元のブレーカーと、それぞれ細かく別れたブレーカーがある)
今までそんなことはなかったのだけど、と思いながらブレーカーを上げ、
再びキッチンへ。IHのスイッチを入れる。

バンッ!!

またもや家全体のブレーカーが落ちました。
確認に行くと、やっぱり全体のブレーカーと、IHのブレーカーが落ちていて、
夜中、一人だったし、もうダメだと諦めて、その日は寝ました。

翌朝、おそるおそるIHのスイッチを入れると、
予想通り、バンッ!
絶望的な気持ちでお弁当の仕上げ。
ブロッコリーやウインナーはレンジで済ませ、
朝焼こうと思っていた卵焼きはなしに。
夜ごはんのおでんは、カセットコンロをひっぱり出してきて、
一度ぐつぐつさせたら火を止め、タオルでくるむなどして保温調理。

で、メーカーに電話したんだけど、
その日は日曜日で、翌日は祝日だから修理はお休みで、
最短で出張修理に来てもらえるのは火曜日の夕方・・・

おでんにしといてほんとによかった・・・
いろんなおかず作らなくていいからね・・・

修理に来てもらったら、
もうスイッチを入れてもブレーカーは落ちなくて、
完全に基盤が壊れているんではないか、ということでした。

まだ5年なのに・・・という思いはあるけど、
修理の方の話によると家電なので年数かかわらず壊れることはあるとのこと。
でも、でも・・・もちろんメーカー保証は1年で切れてるので、
修理にきてもらう出張費もかかるし、
基盤なんでそこそこお高い。

痛い出費です。

修理に出してる間は貸出用のIHがあって、
今はそれを入れてもらってます。
今日修理の詳細の電話があったんだけど、
部品の仕入れが間に合わなくて、
どんなに早くても修理完了するのが11月下旬。
それまでは貸出用ので過ごすことに。
っていうか、いいんだけどね。
貸出用のがモデル新しいし。
グリルきれいだし。
なんならこのままこれでも・・・(笑)

ということで、
運動会前後はお弁当作りだけじゃなくて、
通常のキッチン生活がままならないというストレスで余計に疲れて、
大変なことになっておりました、とさ。
00 : 16 | daughters | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<自己肯定感を育てる | ホーム | わたしのバカバカっ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://df0508.blog105.fc2.com/tb.php/1891-1d263d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |